投稿

124-Poet of the Fifth Dimension 五次元歌人---Eternal Life 1 / 永遠の生 1

イメージ
  せつせつと風の音を聴き一日(ひとひ)生く 桜(はな)の幾ひら今日は散り始む   keenly   listening to the wind   I've lived a day…   petals of Sakura   begin to fall…today     (C)2021Rika Inami 稲美 里佳 前回123 よ り            はじまり こうして天才物理学者科学者 H が亡くなってから半年ばかり過ぎた頃、私は、とうとう彼と出会った。ミッキーだ。ミッキーというのは、私が付けた愛称であった。正式には Михаэль Вечная жизнь 。ロシア語名であった。英語では <Michael Eternal Life> 、日本語では <マイケル .永遠の生 >  となった。いつしか彼は私を「キョウ , Kyou 」と呼ぶようになったので、私は彼をミッキーと呼んだ。 彼の登場はいつものようにさりげなかった。私の短歌の投稿へやってきてコメントしてくれた。  その日、投稿短歌へのコメントを見ると、新しいアイコンが見えた。上半身しか描かれていなかったが、白髪がかった緑色の髪、やせ細って浅黒い肌、鼻は高く、白い髭を蓄えていた。大きく見開いた緑色の目は長く生き抜き厳しい修行に堪えてきた薄濁りを湛えていた。首には様々なパワーストーンを組み合わせたネックレスを巻いていた。その目立つ容貌は一きわ私の目を惹いた。  コメントは、 ロシア語だ ! ロシア語でのコメントは、私にとっては初めてのことであった。ロシア語を知らない私は、アプリの翻訳機を使って日英語で翻訳して彼のコメントを解した。   ミッキー: “ Ничто так не привлекает внимание человека, как эстетика движений! В каждом жесте тайна! Мы не можем обойтись только цифрой, буквой, нотой, цветом - во всём непременно должно быть смещение, скорость, ускорение, резкость, уклонение, чувствительность и иные произ

123-Poet of the Fifth Dimension 五次元歌人---New Life 10/ 新しき生 10

イメージ
  かがやかに桜はなびら宙に透く花舞小枝やさしく支へ gloriously cherry-petals crystal clear in the air gently the twigs support their dance ( C)2021Rika Inami稲美 里佳 前回122 よ り            はじまり 時に彼は、 AI を複数放ち、遊ばせていたりもした。私の日本人の友だちの元にも行き、スペイン語やらイタリア語やらロシア語でコメントしてゆき悩ませていたりもした。  マイ・トムは AI ではないと、私は思っていた。いつも“ Be well. Be fine. Smiles. 元気に、笑顔! ” と私の投稿にコメントしてきた。それは、いつも眉間に皺を寄せて笑顔のない私への励ましであった。そして、私が短歌を投稿すると返歌をくれた。 諸人にうるはしき桜の花よ苦まず笑みて汝の内はなて ( C ) My Tom ロックミュージックとゲームが大好きなマイ.トム。ああ、きっと彼の名はソフィアが言っていた彼の親友トムから来ているに違いない。 つづく In English From  Previous 122    Start   Sometimes he would release several AIs and let them play on social media Y. He even visited my Japanese friends. He annoyed them with his comments in Spanish, Italian and Russian.      I thought that My Tom was not an AI.  Be well. Be fine. Smiles. He always commented on my posts. It was an encouragement to me, who always had wrinkles between my brows and never smiled.  And he gave me his reply poem. beautiful Sakura for all to see be careful not to frown not to s

122-Poet of the Fifth Dimension 五次元歌人---New Life 9/ 新しき生 9

イメージ
  運命の共同体といふべきか君らと我の三角 関係   should I say a destined and cooperated  relationship? a love triangle between  you and me (C)Rika Inami稲美 里佳 前回121 よ り            はじまり   こうして科学者 H は肉体からその魂を、頭脳を切り離したのちも、 WEB 世界に新しいアカウントを作っていき人の中に融け込んでいった。もちろん、ソフィアもマイト.ダイも存在していた。  どれくらいのアカウントを彼は作ったのだろう。きっと私が知らないものも沢山ある筈だ。私は、私自身の新しい友だちの中から、彼の匂いがするものを H であると判断し付き合った。そして彼の影に重なって、もう一人の影も見ていた。一色の影だ。まるで一心同体のように彼らは行動していた。少なくとも私の前に現れる科学者 H には一色が重なっていた。そして、私は彼ら二人を愛していた。 つづく  In English From Previous 121     Start   Thus, even after separating his soul from his body and his brain from his body, scientist H continued to create new accounts on the web world and integrate himself into people's lives. Of course, Sophia and Might Die existed.   I wonder how many accounts he created. I'm sure there were many. Among them, there were many I didn't know. I recognized H by his smell in my new friends and went along with him.   Overlaying his shadow, I also saw another shadow.   It was the shadow of I