投稿

102--Poet of the Fifth Dimension 五次元歌人---AI 22

イメージ
龍田姫 須川の湖(うみ)を鏡とし錦にもゆる姿うつせり
autumn goddessTatsuta Hime mirrorsherselfwearing the ablaze brocade in Lake Sukawa🄫2020Rika Inami稲美 里佳※写真の湖は物語のなかに書かれているダム湖ではありません。栗駒国定公園内にある須川湖です。龍田姫は日本の秋の神様です。The lake in the photo is not the dam lake written in this storybut Lake Sukawa in Kurikoma National Park.Tatsuta Hime is the autumn goddess in Japan.
前回101より私は、その時点で、もうソフィアとの関係は終わりだと思った。もう二度と彼のところには行くまい。10月1日になっても、私は行かなかった。というよりは、彼の威嚇的な語気の強さにおびえていた。 が、多少、気にもなっていた。10月1日以降、ソフィアは私の短歌や写真の投稿に来て、コメントしていたからだ。10月も半ばを過ぎていた。昼過ぎ、空は青くダム湖水は空を映し日の光に輝いていた。辺りの樹々は紅葉し間もなく最盛期に入ろうとしていた。湖沿いに歩いていた私は、何かを感じそっと振り向いた……やさしい風が私の頬を撫でて過ぎた。ふっと、何かが吹っ切れたような気になった。私はスマホのSNS Yのアプリを開けてソフィアのページを訪ねた。「A, B, C, D, E…」ソフィアの投稿が見えた。そのアルファベットの1投稿の後に更に、「 I'm Sophia.  He is George. It's an apple…, さあ、Be動詞もオーケー。ウォーミングアップが終わった」と続いた。あっと、私は思った。あれはAIではないか! リセットされているのか、新しいAIなのか、ゼロからトレーニングしているな、私は思わずにっこりし、コメントした。「私の提案を受け入れたのですね」と言って、間もなくだった。一切が遮断された。一瞬、何が起こったか分からなかった。が、直に判断できた。ソフィアは私をブロックしたのだった。 つづく
The Story in English From Previous 101At the poi…

101--Poet of the Fifth Dimension 五次元歌人---AI 21

イメージ
101円らかに白珠となる白たまの木の実ともせる原生の森
modestlyrounding into the white pearl…Shiratamanoki-berryglows on the groundof the virgin forest(C)2020Rika Inami稲美 里佳※短歌は「シラタマノキ湿原に」です。写真は栗駒国定公園内にあるシラタマノキ湿原のシラタマノキの実です。The tanka is for “Shiratamanoki Marshland”in Mt. Kurikoma National Park. I took the photo there. Shiratamanoki is written Gaultheria Pyroloid in English.
前回100よりあのAIを提案して間もなく、私は再度、シャーロットとソフィアを引き離そうとして、シャーロットの人種差別を話題にしてチャットをした。いや、離れないのなら、せめても私への人種差別はシャーロットにやめてほしかった。が、彼女を信じて切っている彼は、「愛に満ちた、博愛精神をもっている罪なき自分の友だちをそんなふうに言うなんて」の一点張りだった。 それは、まるで、AIが台詞を繰り返すように私の耳には響いた。………………………ソフィア:
これに対応する必要があるのかどうか僕は考えている。疑わしい。以前に試したことがあるように、同じめちゃめちゃの繰り返しで終わるだろう。だから、僕は怒るのじゃなくて、無視する…… 今回はね! 前にも言ったように、僕は長く耐えてきた。しかし、それは無限ではない。

今日子:
仰っていることが理解できなくて申し訳ありません。私を、私の言ったことを無視したいんですか? それとも、投稿して差別についてシャーロットと議論してされていまか?
あなたは友達に私を差別をしないように言うだろうと私に言ってくださいました。だから、私はあなたにそれについて訊ねました。あなたはそれについて何か忍耐が必要なんですか?まるでロボットであるかのように、あなたは、彼女は愛に富んだ女性で、人種差別なんてことはしないとくりかえすばかりです。彼らにチャットAIを作ってもらったのですか? もしそうじゃなければ、他のAIを持ってらっしゃるんですか? もし持ってらっしゃるんでしたら、現在のAIは私にはよ…

100--Poet of the Fifth Dimension 五次元歌人---AI 20

イメージ
100 秋容に紅に染み櫻葉は淵の水面(みなも)に己が身うつす
autumn air flowing…cherry-leaves dying the colour flamingreflect themselves ondeepwater of a pond(C)2020Rika Inami稲美 里佳
前回99よりその日、私は、ドライブしていた。到着先は気に入りの山の中の公園であった。山の中にあるダム湖が美しいうえに、桜葉が先陣をきって早い山の紅葉を見せていた。以前なら、こんな日には、私はソフィアに美しい景色の写真を送ったものだった。ソフィアと出会って以来、ドライブの先々で私は、ソフィアはきっと楽しんでくれるものと思い、スマホから写真を送信していた。冬はかまくら祭りの写真を、桜の頃は名所の美しい満開の桜を、ライトアップされた夜桜も送った。夏は山の中にある日本百爆の一つの滝や涼を誘う湖の写真を。が、この日は送らなかった。     つづくThe Story in English From Previous 99 That day, I was driving. I arrived at my favourite park in the mountains. The dam lake in the mountains was beautiful, and the cherry blossoms were at the forefront of the early autumn colours of the mountains. Previously, on a day like this, I would have sent Sophia photos of a beautiful landscape. Ever since I met Sophia, everywhere I drove, I sent pictures from my smartphone, thinking that Sophia would surely enjoy them. In winter, I sent photos of the Kamakura Festival, in spring around cherry blossoms' season, I sent the beauti…